FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←私擬70年安倍談話補遺 →占領軍の日本洗脳工作(WGIP)の証拠文書発掘
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 日本史
[私擬70年安倍談話補遺]へ [占領軍の日本洗脳工作(WGIP)の証拠文書発掘 ]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

私擬70年安倍談話補遺2

 ←私擬70年安倍談話補遺 →占領軍の日本洗脳工作(WGIP)の証拠文書発掘
中国に、「正しい歴史を認識せよ」と指示され、韓国に、「慰安婦を認めて謝罪しろ」と迫られる、この現下の日本の“異常さ”を日本人は直視すべきです。この恥ずべき異常事態は東京裁判から始まり、何度も繰り返され、政府が全く反論しないどころか、受け入れてしまっているために、いまでは我々日本国民も慣れっこになり、当たり前に受止めていますが、日本民族にとって実に飛んでもない事態なのだ、ということを先ずシッカリ知るべきです。

簡単に言えば、真っ赤なウソを押し付けられて、そのウソを受け入れろと要求されながら、そのウソを跳ね返すどころか、有難がってきたのが日本政府なのです。安倍政権になっても変わりません。いまの北東アジアの国際社会を中学校のクラスに喩えるなら、荒れた教室を立て直そうと真面目な級長が頑張るのを、出来の悪い不良生徒らが寄ってたかって、「おまえのやってることは正しくない、騒ぐのが正しい」と言いがかりを付けられているのと同じです。要するに、真実という正義が隠れ、虚偽や捏造という「不正義」が罷り通り、それを先生もクラスメートも当たり前だと放置しているのです。

今朝の産経によると我が外務大臣閣下は、ソウルの日中韓外相会議で、「歴史を直視する日本を熱心に伝えた」そうな。熱心に伝えてもマスコミの話題にならない「彼の歴史」は、我々の日本史観であろうはずもなく、将に村山史観すなわち東京裁判史観でしょう。テレビニュースに昨夜映った彼の挙措動作は日本を代表する外相にふさわしい威がなく、尹や王のほうがよっぽど堂々としていました。不良のチンピラが威張って、級長がおどおどしているのです。

我が外務大臣は、韓国の外相には、産経支局長拘束で、おずおずと遠慮がちに「深刻な懸念を伝え出国禁止を解除するようお願い」したという。なぜ、法治国の原理と自由民主主義を教え、ふつうに「解除を要求」し、応じない場合の報復措置を予告しないのでしょう?中国の尖閣領海侵犯に対して、「東シナ海では日中関係改善に反する動きがある」などと恍けた表現にする必要が何故あるのでしょう?共産党報道官のようにストレートに、「いかなる侵犯も即刻中止せよ」と、どうして申し入れないのでしょう?相手が正面から指示や要求をしてくるのに、なぜ日本は奥ゆかしく曖昧な言葉しか言えないのか?外務省には「国際感覚がない」と疑われます。ソウルの日本大使館前に置かれた慰安婦像撤去もソウルに来た外務大臣は要求しなかったのでしょう。しなければ認めたことになるんですよ、岸田さん。

これでは外交は駄目なのです。政治家や外務省だけでなく、日本全体から常識と誇りがなくなっています。皆さま、常識を働かせてください。

楽秋庵主様は、そのブログ記事(http://rakuaki.blog.fc2.com/blog-entry-51.html)で、私の記事に再度得難いコメントを寄せて頂き、やり取りに感謝までしてくださいました。私もお蔭様でよき相手と核心に迫る意義のある、深い議論になったと思っています。いま外務省を仕切っておられる斉木昭隆次官にも読んでもらいたいぐらいです。

「総理の言動や政府方針について一介の国民が二人で討議しても、ちょっと滑稽な気もしますが、有権者が国内外の現状認識を交換し擦り合わせるという意味で、また、どなたかのご参考という点で無駄ではない、否、重要なことだと思います。」に同意します。Un beau jour様からは、「私擬談話は夢物語で、ブログではなく政界に立候補するときに言え」、と批判されましたが(この批判は正当と思いますが)、それでもネットにおける一介の市井人による言論活動としての意義はあるのではないかと思います。

この歴史戦の主たる戦犯は中国共産党で、韓国は従犯です。背後には米国の一部の勢力が控えていると見るべきでしょうが、基本的に米国は同盟国。この戦争は血を流す必要のない戦争で、言論戦、情報戦です。戦略を立て、用意周到に臨めば勝機は自ずから見出せます。期待される安倍談話も唐突に発出するのではなく、諜報の限りを尽くし、ロビー活動も怠らず、マスコミ対策も講じ、権謀術数を尽くし、「逆恨みされない」ように実行するのです。「独立戦争に関する史観でさえも英米間でいまだに一致しないのが人間の性」ではありますが、英米間はこの意見不一致があっても緊密な同盟国です。「真実を示し説得」することが却ってアメリカ人の信頼を得る道かもしれません。

中国が張子の虎であろうと無かろうと、「日本の歴史を取り戻し、核武装を排除せず自衛力と経済力を完備した完全な独立国となり、世界のナショナリズムと連携してそれを擁護する健全な国際連合を構築し、その一員になること」を目指すべきと私も思います。

何度も繰り返しますが、日本は朝鮮、台湾、満州で欧米流の植民地支配ではなく日本独自の近代化施策を推進したのであって、さらにアジアアフリカの植民地解放に貢献したのが本当の「歴史」です。慰安婦は売春婦であって、日本政府とは関わりのないことは既に2007年(平成19年)4月の米国議会報告(Nazi War Crimes & Japanese Imperial Government Records, Interagency Working Group Final Report to the United States Congress)で明らかになっています。帝国の陸海軍は世界無比の精強を誇り、名誉を貴ぶ世界一の軍隊だったことをun beau jour様のご紹介頂いた楊素秋女史も力強く証言しています。(https://www.youtube.com/user/theFACTtvChannel?v=lU1qpkVe7rA)

いま私の手元に遺品となった「軍人手牒」があり、その中に戦前まで兵士の一人一人が暗記していた「軍人勅諭」が掲載されています。「忠節、礼儀、武勇、信義、質素」の五箇条の倫理規範を兵士全員が懐に保持した軍隊は他になかったでしょう。

ナチにはWar Crimesがあり得ても大日本帝国には「犯罪」はありません。戦勝国が敗戦国をいつまでも戦争犯罪人呼ばわりするのは卑怯ではないですか?日本人ならこんな卑劣で傲慢なことは恥ずかしくてやりません。日露戦役で破ったニコライ二世、ステッセル、ロジェストウェンスキーらを戦犯に仕立てることなど当時の日本人は考えもしませんでした。通常の戦争では、相手方にも正義があって正義と正義が衝突するのが戦争だということは中学生でも知っています。

これを楽秋庵主様は「日本史観」と仰るので、ついつられて私も使ってしまいましたが、日本の主観的で独りよがりな史観ということになりますので採りません。「正しい史観」です。我々の歴史認識は日本だけでなく、世界のなかの正しい歴史で、トインビーも認めています。

真実を真実と言うことを何故憚らねばならないのでしょうか?この言論の自由な国際社会の中で。自信をもって正々堂々とディベートすればアメリカ人だけでなく中国人、韓国人のなかにすら必ず理解し同調する者が現れます。国内世論の澎湃たる盛り上がりもそのなかから可能となります。そのためには外務省の改革を期待しつつ、在野の有志が民間で義勇軍として戦うことから開始すべきと思います。本ブログはそのささやかな実践です。

スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 日本史
[私擬70年安倍談話補遺]へ [占領軍の日本洗脳工作(WGIP)の証拠文書発掘 ]へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [私擬70年安倍談話補遺]へ
  • [占領軍の日本洗脳工作(WGIP)の証拠文書発掘 ]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。